人によって症状が違ってくるうつ病|治療費用の相場をリサーチ

ドクター
  1. ホーム
  2. 先ず疾患内容を把握しよう

先ず疾患内容を把握しよう

女の人

心と体に大きな負担を招くうつ病は、早めに病院で治療を受けることがポイントです。自分の症状に合わせてクリニックを選ぶことが大切ですので、先ずは精神科か心療内科か、どちらが良いかを検討しましょう。その選び方ですが、うつ病の症状が精神面に出ている場合は精神科を選択し、身体疾患が主なら心療内科を選択するのが基本です。どちらのクリニックもうつ病を治療してくれますが、専門分野は全く異なりますから、正しい外来で診てもらってください。精神的な症状には気分の低下のほか、仕事の内容が理解できなくなったり、家事なら食事の用意に戸惑ったり、育児をする気力が減ることも含まれますので、その場合なら精神科へ訪れましょう。思考能力や決断力が低下して落ち込みがちになり、自責の念に駆られて精神が疲弊する前に、精神科で治療を受けるのが大切です。一方、身体疾患では不眠をはじめ、下痢や便秘などの胃腸トラブルも多い症状となっており、その場合は心療内科へ受診します。本来お腹の調子が悪い時は消化器内科へ訪れるのが一般的ですが、うつ病の場合は心因的な原因を改善しなければ身体疾患が治らないケースが多いため、心療内科へ通うことが欠かせません。そのほか、自分にピッタリ合った通院先を探す際は、勤務しているドクターの性別が重要な時もあります。特に女性の場合は男性の医師では話し難いこともありますから、その場合は女医が勤務するクリニックを選びましょう。そのことで症状や悩みを全て心置きなく伝えることができ、効率的な治療に取り組めます。また、お勤めや学校に通われている場合なら、仕事や学校が終わった後でも通えるなど、自分の生活スタイルに合った診療時間のクリニックを選ぶのも肝心です。そして、うつ病の治療を提供しているクリニックには、愚痴をこぼす程度の些細な内容でも歓迎している所がありますから、自分の症状が初期段階などで、気軽に通いたい時は、そのスタンスを掲げるクリニックを選んでみてはどうでしょうか。さらに、細かな点では予約の取りやすさや待合室の居心地など、今後の通院が苦にならない所を探しましょう。一方、うつ病では服薬治療も行われますが、運動療法も大事な治療になっています。そこで、薬での治療をあまり望まない場合は、運動指導に力を入れているクリニックへ訪れるのも上策です。中にはトレーニング機器などが充実しているクリニックも見られますので、お近くにあるかどうか、探してみる価値があります。