人によって症状が違ってくるうつ病|治療費用の相場をリサーチ

ドクター
  1. ホーム
  2. 自己判断と家族の認識

自己判断と家族の認識

聴診器

うつ病は年齢を問わず様々な人に起こりやすい病気とされていて、うつ病が発症する状況も様々にあります。それは自分で自覚できる場合もあれば家族や周りの人に言われて初めて気づくこともあります。病気の主な発症原因となるのは環境や状況の変化です。病気は心と体のどちらかに発症する場合もあれば、両方起こることもあります。症状には様々な症状がありますが、気分が晴れない日がずっと続く、悲しくなったり、何をしても面白くなかったりといった消極的な精神状態に陥る人が多くいます。体の変化については眠れない、逆に早く起きてしまう、息苦しくなったり、便秘になったり、食欲が急に落ちたりしてしまうこともあります。うつ病には名前があり、二つに分かれます。生活のストレスなどから起こるタイプのものを大うつ病性障害、抑うつと躁うつが起こる双極性障害があります。そのため、名前からもわかるように、これら全てが急に現れることもあれば、少しずつ徐々になっていったり、一つの症状が長引いたりすることがあります。うつ病になった人は早めに治療を始めなければいけません。気持ちの問題とばかり考えてなんとか乗り切ろうとしてしまう人もいますが、それは症状を次第に悪化させていく一方で本人も辛くなります。また日常生活を送ることが困難になり、人間関係にも問題が起こりやすくなります。決して気分だけの問題ではないので、無理に頑張ろうとしたり、勧められるがままに薬を服用したり自己判断で治療をすすめていくことはとても危険なので、症状に気がついたときに早く医者に相談をすることがとても大切です。また、治療を始めて、うつ病の症状が良くなる人もいれば、何かのことがきっかけで再発する人がいます。そのため治療後も、在宅にいながら薬を飲み続け治療をする人もいるので、病気の治療には家族の支えもとても大切になってきます。家族のサポート、医者との良いコミュニケーションが早めの回復のカギとなってきます。うつ病の治療は長くかかることがあるため、患者には様々な負担になります。薬を飲んでいるのに一向に良くなる気配がないと落胆し治療をやめてしまったり、気分が落ちこんでしまったりする患者も多くいます。症状は一定ではないこと、長く時間をかける必要があることを十分に認識した上で、治療を行い続けることが非常に重要です。治療中に回復の兆しが見えてきたら、医師と相談しながら社会復帰のリハビリを少しずつ行います。基本的な睡眠・食事を改善しながら、自分のやりたかったことをやっていき、目標を立てて果たしていくことでやる気を起こしていくことが可能となってきます。うつ病の治療は個人差があるため他の人と比べてしまわないようにすることもとても大切です。