人によって症状が違ってくるうつ病|治療費用の相場をリサーチ

ドクター
  1. ホーム
  2. 病院での治療が大切です

病院での治療が大切です

医療

周囲のサポートが必要です

現在、16人に1人が患っているといわれるうつ病は、現代人が罹りやすい現代病の代表格であり、また症状や原因によっていくつかの種類に分けられているのが特徴です。大きく分けると、抑うつ状態のみが出現する大うつ病性障害と、抑うつ状態と躁状態の両方が交互に出現する双極性障害抑うつの二種類に分けられます。大うつ病性障害は、抑うつ気分や物事に対する興味や関心が低下してやる気が湧かず、体重の減少や食欲不振、不眠といったからだの症状が現れます。現在、この種類のうつ病に罹る患者が年々増えており、仕事や家事・育児のストレス、人間関係の悩みが引き金となって症状が現れるケースが多いといわれているのです。一方、双極性障害抑うつは、脱力感に襲われ食欲不振や不眠の日が続いた後に、急に元気が出てきて何事もできるような気分になる躁うつ状態になります。この二つの状態を繰り返すサイクルが一年近く続く人もいますが、躁うつ状態だと病気だと気付かれないケースが多いため、発見が遅れる場合もあります。また、この二種類の他にも、よく耳にするマリッジブルーや産後うつ、ある一定の季節に発病する季節性情動障害などいくつかに分類されています。うつ病に罹ると、脱力感や喪失感を覚えたり、興味ややる気が損失したりします。自分を責めることもあるでしょう。遠くへ逃げたいと思うようになることもあり、こころの状態が不安定になります。それにより、突然涙が溢れたり、会話や本の内容が理解できなかったりします。集中力が散漫したり、勉強や仕事に支障をきたしたりする恐れが出てきます。また、こころの変化だけでなく、睡眠障害や食欲の減退、動悸や息切れが激しくなったり、口の中が常に乾いたりと、からだにも症状が現れます。また、頭痛などからだに痛みが出る場合があり、原因がわからずに内科にかかり、最後に心療内科でようやく原因がわかったという人も多くいます。一説には、うつ状態になると脳内の神経伝達物質の分泌量が減少し、これによりこころやからだに異変が生じるといわれています。また、神経伝達物質は自律神経とも大きく関わっていることから、からだにも症状が現れるといわれており、そのため自分で判断せずに病院で治療することが大切とされています。病院は心療内科か精神科が専門となりますが、まずはうつチェックシートで自分の状態を把握し、どこの病院に行くべきか知っておくと安心です。チェックシートはインターネットでも簡単に検索できますので、いきなり病院に行くことが難しい人は試してみることをお勧めします。うつ病は怠けているだけや心が弱いだけと誤解されやすい病気ですが、医学的に認められた病気でもあり、きちんと治療を受けることが大切です。また、一時的に治っても再発することがほとんどで、自分勝手に治療を中断せず一生かけて付き合っていく覚悟が必要な病気です。そのため、一人で病気と向き合わず、家族や友人などのサポートが必要で、周囲の人もうつ病のことを理解し見守ってあげることが大切となります。